Book

あなたの人生が変わる対話術|泉谷 閑示|30のヒントを通じて、対話を学ぶ

話せばわかるが通じない時代。職場でも地域でも立場の違う他者との距離のとり方を考える。他者とのコミュニケーションを撮る上での30のヒントをご紹介。

話し合うだけでは「対話」にならない

往々にして、私たちは「心が通じ合うこと」イコール「相手と自分が同じであること」と思い込んでいる傾向があります。これも、同質性が前提の「ムラ的共同体」の伝統によって、私たちに知らず知らずのうちにすり込まれた幻想です。

相手を「他者」と思うことは、親しいか親しくないかには、そもそも関係ありませんし、「心が通じ合う」ことに反するものではありません。相手を「他者」と思うということは、相手の独自性や独立性を認めることであって、ほかの誰とも同じではない唯一の存在として、その人の個別性を尊重し、 畏敬 の念( 畏れ敬う気持ち)を抱くということでもあります。その「他者」が、自分と同じことを感じたり気持ちを理解してくれたりしたときに「心が通じた」のであって、だからと言って、何から何まで「同じ」わけではないのです。

相手と「同じ」であったり一体であったりすることは、ありもしない幻想です。これまでそのような認識があまり持たれなかったのは、皆が「違う」をひた隠しにして、「同じ」だけを表明していたからにすぎません。しかし、曇りのない目で見れば一目瞭然、互いが、まぎれもなく「他者」同士なのです。

心が通じ合うというのは相手と同じであることではないのに勘違いした発言をする人が意外と多い。人は人と同じであるという同調圧力や何かがかかるという。

重みのない言葉

政治家の「失言」などもしばしば話題になりますが、これも言葉についての態度を反映したものだと言えるでしょう。

よく「本音と建て前」ということが言われるわけですが、そこからすれば「失言」とは「建て前を言うべきところで、うっかり本音を言ってしまった」ということになるでしょう。

しかし、「本音」が本当で「建て前」が作りものの 噓 だ、と簡単に考えてしまっては、事の本質が見えてきません。 「二人称関係」を生きている人たちにとっては、言葉というものがそもそも重みを持って発せられていないので、このように器用な二重構造が可能なのではないかと考えられます。ですから、「本音」というものですら、実のところ、その言葉に対応するような重みを持っていないのではないかと考えられるのです。

私たちのまわりで「本音」として吐きだされる言葉に、よくよく注目してみると、それは大概、感情的で 刹那 的なものになっています。「出て行け!」「もう別れます!」「あいつなんか死んじまえばいいんだ!」「もうあなたのことは絶対に許しません!」「もう二度と来るもんか!」などなど、物騒で極端な言葉が吐きだされるわけですが、あとになって案外簡単にその言葉は撤回され、「そんなこと言ったっけ?」といった感じでケロリとしていたりするのです。

ですから、「本音と建て前」を使うような人の言葉は、そのいずれにも、言葉に相当するような真実は表されていないのだと見ることができるでしょう。つまり、言葉と対応しているのは、あくまで皮相的で未熟な感情と、本当には思ってもいない外向きの体裁にすぎないのです。

政治家の公約を始めとする人々の約束や契約などについても、あるいはひょっとすると憲法や法令までも、言葉を軽く扱っている人々にとっては、簡単にいくらでも無視したり撤回したりできる程度のものと捉えられているのかもしれません。

お茶の間とかでニュースにツッコミ入れたりすることはあるけどそれを公でやると「失言」になったりすることも。普段から発言に注意するべきで特に政治や宗教に関する問題はセンシティブなので小さい集団でもない限り注意が必要。

人間関係は「対話」によって変わる。精神科医によるコミュニケーションの真髄30選。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5