51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

頭がいい人、悪い人の〈言い訳〉術|樋口 裕一

      2019/08/17

人間だれしも失敗をする。約束を破ること、期待を裏切ること、口がすべることなど様々だ。そんな時、“言い訳”ひとつで、ピンチを乗り切る人、墓穴を掘ってしまう人がいる。その差はどこか?本書では、ビジネスから恋愛まで巷にあふれる愚かな“言い訳”の実例をあげ、傾向と対策を練る。「その場しのぎのウソ」「笑いでごまかす」「体調のせいにする」「昔はできた、と見栄を張る」「聞いてない、ととぼける」…。“またか”と呆れる、あの人の言い訳パターン。そう、あなた自身も覚えがあるのでは?

言い訳一つであなたの評判は変わります

多くの人が何気なしに言い訳をし、何気なしに他人の言い訳を聞いている。時間をかけて、どんな言い訳をしようかと考えることはめったになく、ほとんどの場合、その場の雰囲気や、ちょっとした思いつき、あるいはいつもの習慣で言い訳をしているだろう。だが、実際の場面では、言い訳に説得力があるかないかによって、人に与える印象はまったく異なる。失敗をしても、説得力のある言い訳をすることで、周囲の信頼を得ることができることもある。逆に、説得力のない言い訳をしてしまうと、信頼を失い、「できない人間」というレッテルを貼られかねない。時には、愚かな言い訳をしたばかりに、周囲の失笑を買い、人間性を疑われることもあるだろう。もしかしたら、あなたは自分でも気づかないうちに、愚かな言い訳をして、周囲をあきれさせているかもしれない。そのために、上司や同僚、部下に「できない人間」と思われているかもしれない。上手な言い訳を知って、それをうまく使いこなすことによって、会社内、あるいは友人間での待遇が大きく違ってくる。実際の仕事の成果と同じほどに、いや、それ以上に、言い訳ひとつであなたの評判は大きく変わるのだ。

何か不都合は生じたとき人は知らず識らずのうちに言い訳に走ったりします。無意識に言い訳してしまうなんてことも多いのではないでしょうか。しかし、この言い訳一つであなたの評判は大きく変わることに。どのような言い訳が評判を落とすのか考えて言い訳した方が良さそうだ。

今の社会、どのような職業や身分の人でも総じて忙しい

今の社会、普通に生活していれば、暇な人など少ないだろう。何らかの役割を果たしていれば、誰でも同じように忙しいはずだ。プライベートな依頼や誘いであれば、たいていは「忙しい」ことを口実にすれば、断わられたほうも納得し、関係に角が立たない。だが、いつもワンパターンで「忙しい」と断わるのも、野暮な言い訳だ。いつもそう断わっていたら、だんだん誘われなくなってしまうだろう。ビジネスの場でも、「忙しくて……」という言い訳は頻繁に使われる。だが、仕事の依頼に対して、この断わり方はあまりに能がない。この言い訳を繰り返していると、仕事ができない人と思われかねない。仕事のできる人は、猛烈に忙しいなかでも、しっかりと着実に、仕事を進めているものだ。会社のなかで、「忙しくて、できませんでした」「昨日、部長に仕事を突然命じられたので、できませんでした」「前からの仕事が思いのほか、時間を食ってしまい、約束の仕事が遅れてしまいます」などと平気で言い訳をする人がいる。むしろ、暇な人に限って、このように言うのではないかと思えるほどだ。もちろん、それなりに忙しくて大変なのだろう。部長に突然仕事を頼まれたらいやとは言えず、ほかよりも優先せざるを得なかったのだろう。そのために、ほかの仕事に支障が出たのはよくわかる。だからといって、それ以前からするべき仕事をしなくてよいということにはならない。仕事をしていれば誰でも同じように忙しいのだ。いかに忙しいからといって、それを理由に、約束の仕事ができなかった言い訳にはできない。

何かを頼まれた際、忙しいというのは言い訳にならないとも言える。もちろん断る理由がきちんとしていれば話は別だが、単に忙しいからという理由では言い訳として不十分で不誠実であるとも言える。「忙しい」という言葉を使わずにきちんと理由を提示すれば相手もわかってくれるのではなかろうか。例えば「明日までに仕上げなければいけない仕事が重なっているので」とか言えば、上司との飲み会とかなら簡単に断ることができるだろう。

家族を言い訳の理由にする人々

自分ではなく、家族の体調や事情を言い訳にする人も多い。とりわけ子どものいる人、高齢者と同居している人は、口実に事欠かない。「子どもが風邪をひいたので、病院に連れて行った」「うちのおじいちゃんが昨日、のどを詰まらせたので、救急車で運ばれて大変だった」などなど、さまざまな言い訳がある。なかには、「先日、浮気がばれて、女房に家から出してもらえなかった」などと堂々と言う人もいる。これなど、同じような経験のある上司には説得力のある言い訳になるが、一般的には、「身から出たさび」と思われるだけで、まったく同情されない。もちろん、家庭を持っていると大変だ。毎日、ささやかながら、さまざまな事件が起こる。だが、仕事をしているからには、それをいつも口実にするわけにはいかない。家庭の事情で仕事ができないのであれば、負担の軽い部署に替えてもらうことも考えられよう。

家族のトラブルで仕事に支障が出るなら、人事と相談して負担が軽い部署に異動をお願いしても良いのではなかろうか。多くの人が家庭の事情を抱えながら仕事をしていると思うが、家族との時間を大切にするあまり仕事をこなせないのであれば会社にとってもマイナスだ。

様々なシーンで日々繰り返される言い訳。どうせなら説得力のあるきちんとした言い訳で、相手を納得させたいですよね。そんな頭のいい人の言い訳とはどういうものか実例を交えながら学べる書籍です。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 - Book , , , ,