51Blog

興味のあることや読んだ本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

あなたのWebサイトに確実に人が集まる!SEOの教科書

      2017/11/18

いまや情報収集には欠かせない存在の検索エンジン。多くの顧客(読者)は、検索エンジンを介してあなたのWebサイトにやってきます。つまり検索エンジンでなるべく上位に表示されることがWebサイトを知ってもらうための重要なファクターになります。そのための施策のことをSEOと言います。SEOという言葉は知っていても、具体的に何をやるのかわからない、なにか検索されそうな言葉をちりばめるといった昔のイメージしか浮かばない、そんな人に最適なのが本書です。

相互リンクは多ければ多いほどいい?

「相互リンク」とは、Webサイト同士でリンクを張り合うことです。以前は相互リンクによって被リンクを多く獲得することで、順位が向上することがありました。しかし現在では、無関係なページから過剰にリンクを獲得すると、スパムに認定される可能性があります(自身の管理するWebサイト同士のリンクや、関連するサイトどうしのリンクであれば問題ありません)。

コンテンツの質や専門性によって、自然に獲得した被リンクは評価されるようです。僕の場合、読書コミュニティサイト(『本が好き!』『シミルボン』)に投稿する際とプロフィールに、ブログのURLを貼って地味に被リンクを獲得しています。効果のほどはわかりませんが、最初のうちは僕のブログ『51Blog』と似たような名前のブログが多数あってブログ名で検索しても上位に来ることはありませんでしたが、現在は地道な努力の甲斐あって、似たような名前のブログの中では検索結果の一番上に。相互リンクに関してはこういった方法でしか貼っていません。SEOって難しいですよね。僕の記事は検索順位の平均を見ると25位程度。たまに検索ワードによっては1位になることがあるけどそれはごく稀。そうした稀に出る検索順位1位の記事で人を引っ張ってきて長く滞在してもらうために関連記事や、人気記事ランキングが活用できます。ブログ内の回遊が増えればPVは少しづつ増えます。以前はサイドバーに人気記事ランキングBEST5を載っけていましたが、BEST10にしたら少しですが回遊が増えました。アクションの数が少なくても良い工夫を増やせば回遊は増えます。

検索結果に表示させるタイトルを考える

多くのユーザーは、検索結果画面の上位から順に、Webページを探します。このとき、クリックするかどうかの判断材料となるのが、「タイトル」、「スニペット」、「URL」です。場合によっては、「日付」などを目安にして、求める情報がありそうなページをクリックします。タイトルやスニペットは、自身で簡単に最適化できる要素であり、ユーザーに直接アピールできるため、必ず設定しておきましょう。

僕はタイトルは30文字程度。スニペット(記事の解説文)は110字程度で書いています。書く内容は簡潔に、思いつかなかった場合は読んだ書籍名や著者名をそのままタイトルにしてしまうことも。あまり奇をてらったタイトルで訪問者を増やしてもハードルが上がるだけだと思うので、タイトルは適当です。内容にそぐわないタイトルをつけて一時的に訪問者を増やしてもなんどもブログにアクセスしてくれる人が増えないと長く続ける上であまり意味がないような気がします。

Webサイトのモバイル対応は必須!

モバイルユーザーの増加によって、Webサイトのモバイル対応は必須の要素となりつつあります。すでに検索では半数以上がスマートフォンユーザーとなっており、ユーザーの利用環境に合わせて、Googleも検索結果アルゴリズムを改良しています。

Googleは2016年11月には「モバイルファーストインディックス」に向けた実験を開始すると発表しており、パソコンで検索すると対応していないサイトはモバイルフレンドリーでないことが表記されるように。気になる人は自分のサイトを診断(モバイルフレンドリーテスト)して見るといいでしょう。どこがダメなのか指摘してくれるようになっています。自分のサイトでどのくらいの人がモバイル端末からアクセスしているかはGoogleアナリティクスで左メニューの「ユーザー」をクリックし、「モバイル」の「概要」でセッション数を確認すると傾向がわかります。

Webサイトの更新頻度は重要?

更新頻度を上げると検索エンジンからの評価も高まると言われていますが、それは正確ではありません。ページ上のテキストを毎日少しづつ変えていっても、それが評価されることはありません。

そもそも、「更新頻度が高い」=「優秀なサイト」という認識は正しくありません。価値あるコンテンツを追加したり古いコンテンツを最新情報に書き換える場合などは更新の意味があると言えます。僕の場合生活のリズムを作るため毎日1冊の本を読み感想などをつらつらと記事にしているわけですが、稚拙な文章を垂れ流しているだけなのでこれはあまり意味がないということです。それでも人気のある書籍だったりすると僕なんかの感想でも読んでくれる人が一定数いるのはほんと励みになります。

ブログ始めたけど全然アクセス数が伸びないと悩んでいる方、SEOに関する知識をつけて、アクセス数アップを目指しましょう!

 - Book , , ,