51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

仕事5割増し時代を乗り切る「15分仕事ハック」とは…!?

      2018/08/27

仕事5割増し時代を乗り切る「15分仕事ハック」とは…!?「時間」「情報収集」「整理」「集中と発想」「チーム」の5つのカテゴリー別に、仕事のスピードを高めながら、質を上げるための100のテクニックを紹介します。Slack、Eight、Apple Watch など最新のビジネスツールを使った小ワザも満載です。

「自分へのアポ」を忘れていないか

「自分へのアポ」を入れるようになると、自分の作業時間がどれくらい残っているかひと目でわかるようになります。仕事を受けるかどうかも、すぐに判断できます。会社にいたときには、同僚に手伝ってもらうことも可能ですが、独立して自分ひとりで仕事を受けるようになると、そうした組織的なサポートはなくなります。そのとき、自分の時間のリソースがそのまま、自分の受けられる仕事の限界となります。その限界を認識しないまま、仕事を大量に受けていると、質も下がり信頼も失ってしまいます。そうならないように、仕事の量をコントロールする必要があります。そのときの基準である自分の時間的余裕を把握するためにも「自分へのアポ」が欠かせないのです。

会社組織に属していないとついつい時間にはルーズになりがち。僕の場合、ブログ書いてInstagramや読書コミュニティサイトへ投稿し、読書をするだけの生活なので、時間には余裕がある。その分金銭的には辛い部分もあるのだが、このくらいの方がストレスも溜まらず健康体でいられる。適度な運動と1時間の半身浴で汗をかき、体重維持に時間をかける余裕もある。働いていた頃と違い、基本家にいるので、運動と食事制限を行わないとたちまち70kg越えになってしまうww

5割で提出、完璧を目指すな

こうして短時間のうちに仕事を進めていこうとすると、どうしても質とのトレードオフが発生します。短時間でやろうとすればするほど、仕事の質は下がってしまう。もう少し時間をかければ、もうちょっとよくなる。そう思って時間をかけてしまうのです。しかしこれでは、長時間労働は解消できません。仕事というのは、0から50くらいに持っていくのは、比較的簡単です。そこからさらに80くらいまで仕上げるのも、それほど労力はかからないでしょう。しかしそこからさらに精度を上げていこうとすると、どんどん大変になっていきます。99を100にするのには、おそらく0から50にするのと同じくらいの時間と労力がかかります。仕上げというのはそういうものなのです。

仕上げに時間がかかることは経験上わかっている。ならばどう仕事をさばくか?まずは50%程度まで完成したところで一旦提出してしまう。そうすると、不完全ではあるがスピード感のある仕事が可能に。50%の出来でも、素早い対応なら誰も文句は言わないだろう。それ以上の出来を求める上司なら突き返してくるだろうが、その時はその時で質を高めるのに時間を使えばいい。何も最初から全ての仕事を完璧に仕上げることはない。最近の学卒はパワーポイントとかを駆使して綺麗な書類や企画書を提出する人が増えているようだが、それこそ時間の無駄、紙ペラ1枚に図表がひとつだけの企画書の方がよっぽど説得力があることだってある。

まず、自分メディアをもて

情報収集しようとするとき、ついつい情報の入口ばかりを気にします。どんなウェブサイトを見ているのか、どんな雑誌を定期購読しているか、本の見つけ方をどうしているのか。もちろんこうしたことも重要ですが、出口の方がより重要です。情報の出口があれば自然と情報は集まってくるのです。その出口のひとつとして、メディアがあげられます。ブログを書いたり、本を書いたりしていると、その情報の出口に合わせた情報を集めようとします。今までの入り口重視の情報収集から、出口主導の情報引き出しに変わってきており、だからこそ出口の設計、情報発信メディアの設計が重要となるのです。

情報収集で重要なのは、得た情報から何を得られるか?僕の場合、ただの読書好きから一歩前へ進むべく、ブログやなんかに感想をアウトプットするようにしています。すると同じような趣味趣向の人がInstagramアカウントに集まってきて、フォロワーもだんだんと増えてきました。実名登録しているので、変な投稿や批判だけの投稿はできませんが、その分信用が積み重なってきているように感じます。

もう毎日のコーデに迷わない

実は、押し出しファイリングの仕組みを、服にも応用しています。洗濯した服は、手前からハンガーにかけ、クローゼットの服を奥に押し出していきます。そして奥の方の服からきていく服を選びます。

僕は外出する機会が週2回程度なので、おおまかに1週間分の着回しが効くコーデだけで事足ります。出かける前から、何を着るか決まっているので家を出る間際になって何をきていくか迷うことはありません。それでいて、毎日同じ服というわけではないので、ファッションも楽しめます。

降って湧いたように仕事が降りかかる昨今。5割り増しの仕事を整理し、サクサクスピード感を持って仕事を片付けるための最強ライフハックがここにあります。ライフハック好きにはおなじみのライフハックや、ああ僕もこれやってるといったあるあるも楽しめる書籍となっております。

 - Book , , , ,