51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

福祉の常識を覆す。高齢者も障害者も、みんなもっと街に出よう!

      2018/07/06

コミュニティ・デザインやソーシャル・デザイン等、社会をデザインする仕事に対する関心が高まっているなか、「意識をデザインする」を掲げて注目されている須藤氏。アシックスやオロビアンコなど有名ブランドと提携して、障害者も健常者にとっても使いやすい「おしゃれ」で「かわいい」靴やバッグを製造、原宿や渋谷のアパレルショップで販売を始める。福祉をクールなビジネスに変えた人として注目されている。彼の関心は人々の心のなかにある「意識のバリア」。「違いは個性、ハンディは可能性」を旗印に設備や法律を変えるのではなく、人々の意識を変えて妊婦や高齢者、セクシャルマイノリティなどを含む全ての人が混じり合う社会をめざして活動。

「意識のバリア」という社会課題の発見

日本で障害者といわれる人の数は、およそ741万人(内閣府「障害者白書」2013年度版より)。これは、日本の人口の約6% にあたり、学校のクラスでいうと、ひとつの教室に2人程度の割合で何らかの障害を持った子がいることになる。 しかし日本では、障害のある人と健常者との接点はほとんどないのが実状だ。 僕自身、次男が生まれるまで障害者の友だちはひとりもいなかったし、身近に接することもなかった。そして、そのことを疑問に思うことも、とりたてて意識することもないまま、 32 歳まで生きてきた。 ハンディキャップを持った人が人口の約6% も存在する国で、その人たちとほとんど接触せずに過ごしている。自分たちははたしてこれでよいのだろうか。 福祉の行政サービスを受ける当事者として、脳性まひの次男の将来を考え、彼とともにリハビリに通う日々の中で、そんな疑問がわいてきた。 障害児の父になってみて改めて感じたのは、「日本では健常者といわれる元気な人たちと、障害者といわれるハンディキャップを持った人たちが常に分かれている状態にある」ということだ。

僕はいわゆる、精神障害者、統合失調症患者です。昔と違い世間での認知は進んでいるようで、いまだに古い考えも持つ人がいるのは残念でなりません。僕自身、精神障害者に偏見を持っていた人間の1人でしたが、まさか自分がこのような状態になるとは思いもよりませんでした。自分も偏見を持っていたのに、いざ自分が精神障害者になったら、世間の目が気になるという随分身勝手な人間だとは自覚していますが、世の中で凶悪な事件が起こるたびに精神障害者が槍玉に挙げられているようで、心が痛みます。統合失調症の患者を含め、凶悪犯罪を起こすほどの心神喪失状態に至ることはまずありません。普段は理性が効いているし、幻聴が聞こえたり、幻覚が見えても犯罪に走る人間はごくわずかなのです。精神障害者以外による犯罪と何ら変わりはありません。

福祉の概念を打ち破る新しいビジネス

ネクスタイドが目指す効果は、まさにこういう点にもある。オシャレなものを身につけると、誰でも外に出たくなる。これをつけてマチに出かけよう。そう思わせる力がファッションやデザインにはある。他人から自分がどう素敵に見られるか……という視点。ファッションの面白さと可能性はそこにある。だから、僕はファッション性にこだわるのだ。 また、ファッションという視点は従来の障害者向けの製品やユニバーサルデザインの中に見つけることは難しかった。最近は一部のユニバーサルデザイン商品にファッション性をうたったものも出てきてはいる。しかし、誤解を恐れずに言えば、日用品的な商品群やトイレなどの公共性の高いハード、そして福祉的バリアフリーに代わる表現としてしか使われていないように思う。ネクスタイドのように世界のトップクリエイターやデザイナーを迎え、名だたるファッションブランドとコラボしているものを見つけることは難しい。

まずはステップ1としてファッションフリークに売れるクリエーターによるデザインが必要。そしてステップ2、ファッションフリークに売れる。ステップ3、ピープルデザインのメッセージが事後的に購入者に伝わる。ステップ4、売れる商品のため、店頭にいつも並んでいる。ステップ5、その存在を障害者が知る。ステップ6、障害者がマチの人気ショップに買い物に出かけるこの動き。ハンディのある人が健常者のいる世界に出てきて混ざり合うのは難しいのでこのような機会は重要となる。僕は障害を発症してから、めっきり外に出なくなった。少しでも外に出たくなるよう、ファッションに気を配るようになってからは、週2くらいは外出するように。

ダイバーシティーが叫ばれるようになって久しいが、お年寄り、ハンディキャップを持った人、性的マイノリティなど、街で暮らしている様々な人たちが混ざり合うことでその街は、カッコイイ街になるのだという。様々な人に街に繰り出す理由づけとなる魅力的な街づくりはこれからの人口減少時代、人を呼び込む必須条件だろう。

 - Book , , , ,