Book

幸せに気づく|中井 俊已

人生100年時代。昔のように郵便貯金や銀行に貯金しているだけで、現在の株式運用の勝ち組のような利率を得られるなんてことはもうありません。将来に不安をおぼえる人は多いかと思いますが、そんな心にスッと寄り添い優しい気持ちにさせてくれる書籍です。うまくいかなかった日にそっとベッドに入って読みたいそんな本。

祈りは神様との対話

「祈りとは、自分が神から愛されていることを知りつつ、その神とただ二人だけでたびたび語り合う友情の親密な交わりにほかなりません」(聖テレジア『自叙伝』第8章5)誰かを知ることなしに、誰かを愛することはできません。人は出会い、知り、親しみ交わることで、親愛の情を相手に持つものです。一般的に、人は友だちとどのようにして親友になりえるのでしょうか。初めて会ったときには、相手によい印象を持つとは限らないものです。へんなヤツだとか、つまらないヤツだとか思うことがあるかも知れません。でもそのうちに、相手のことが段々わかるようになり、良いところもあるなと思い始め、付き合いはじめます。話をしたり、いっしょに遊びに行ったり、勉強をしたり、スポーツをしたりしているうちに相手の性格や好みや興味がもっとよくわかるようになってきます。さらには、相手の過去、現在、未来に関心を持ち始めます。どのような学生時代を送ったのだろう。どのような家、部屋で生活して、家族はどのような人たちだろう。将来の夢は何だろう……。少しずつ友だちのことを理解できるようになっていきます。同じように、友だちも段々と私たちを知り、理解してくれるようにもなるでしょう。

僕は信仰心が全くと言っていいほどない。しかし、何かに祈るような場面はたまに訪れる。それも一種の神様との繋がりだという。困った時の神頼みではないが、都合のいい時だけ神様を引きずり出してしまいます。

信頼を持って祈る

「はたして神様は、私の言うことを聞いてくださっているのだろうか」祈りをしているうちに、ふとこのような疑問が不安と共に胸をかすめることがあるかもしれません。「私は祈った。しかし、少しも変わらない。神様は私の言うことを聞いてくださっているのだろうか。たとえ、聞いてくださっているにしても、応えてくださらない。祈るなんて独り言と同じだ。退屈だし、もう疲れてしまった……」と。私たちは、恩恵の作用を感覚的にとらえたいと望みます。できれば神様の 御 声を聞きたいと望むこともあるでしょう。しかし、神様はご出現されることはありませんし、私たちの感覚や感性を通じてお話しになるのではありません。五感を通じて神様のお応えを聞きたいと望むがために、祈りの効果はないかのように思えるだけのことです。神様はいつも私たちの祈りを聞いてくださり応えてくださいます。祈る努力をする人に実際、神様はいつもお話しになっているのです。でなければ、祈りのときに湧いてくる様々な良い思いや考えはどこから来るのでしょう。自分の空虚な生活に対する反省はどこから来るのでしょうか。今までの生き方を変えたい、もっと惜しみない寛大な心を持ちたいといった望みは一体どこから来るのでしょうか。神様は、このようにごく目立たない方法で私たちの心に種を蒔いてくださいます。祈りのとき、生き方を変えねばと思う、これが神様の応答です。

実際には神様などいないので、神様との対話というのは自己の内面と向き合うこととなる。祈る姿勢は大事かもしれないが、なんでも祈ってなんとかしようとするのはどうかと思う。そこになにがしかの自分なりの努力が伴わないと祈りも無駄に終わる。

神様と友達になる

私たちの現在も未来も、どんな人と付き合うかで、変わってくるものです。「朱に交われば赤くなる」というように、良きにつけ悪しきにつけ、付き合っている人から何らかの影響を受けているのです。世の中にはメンターとか、師匠と言われる人がいます。自分に大切なことを教え導いてくれるような人。人生の先生のような人。知恵があり、博識、賢明、誠実で、正義を重んじる人。誰に対しても、分け隔てなく愛をもって接してくれる人。そんな人とお付き合いすれば、私たちはきっと成功や幸福に導かれるでしょう。 でも、そういう人には、ふつう人気が集中してたくさんの人が集まります。いつも自分の相手をしていただけるとは限りません。でも、二十四時間いつでも相手をしていただける方を私は知っています。しかも、その方は、どんなに素晴らしいメンターやお師匠さんよりも素晴らしい存在です。誰よりもはるかに、知恵があり、博識、賢明、誠実で、正義を重んじます。誰に対しても、分け隔てなく愛をもって接してくれます。それが神様です。そして、その気になれば、誰でも神様と親しくなり、付き合いを深めていくチャンスはあるのです。そういう神様と付き合う方法が祈りなのです。

メンターやお師匠さんはいつでもそばにいるわけではないが、神様はいつもあなたの傍にいてあなたを見守ってくれている。そう考えると神様を心に留めておくことは意味のあることかも。

信仰心のない人も、信仰する神様が違う人でも、基本的に祈りとは皆同じ。幸せに気づくためのステップバイステップを見守ってくれているのです。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

created by Rinker
¥1,000 (2020/09/28 16:50:10時点 Amazon調べ-詳細)

-Book
-, , , ,

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5