51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『大人の語彙力ノートどっちが正しい?編』齋藤孝

   

「もっと語彙力を増やしたい」「もう少し高度な言葉があってもいい」といった読者の方の声を踏まえ、より実践的に語彙を増やせるものにしました。一部クイズ形式を取り入れ、より読みやすくなっています。
●「語彙力を増やす」方法を実践トレーニング
後半には、齋藤先生による「語彙力を増やす」方法をもとに、実践的に語彙力を増やせる章も設けました。より楽しく実践的に語彙を増やせる1冊として、使えます。

Q6 病気が全快して退院した人にお祝いをあげるとき、どの言葉を使う?

A 快気祝い

B 退院祝い

C お見舞い

「快気祝い」は主に入院した本人が、お世話になった人、見舞ってくれた人などに、贈る品物のことです。「快気内祝い」などとも言われます。したがって、知人が退院するときのお祝いに「快気祝い」は間違いです。「お見舞い」は、病気や災難などにあった人のために訪問したり、品物を贈ったりすること。相手が退院後も自宅療養されている場合は、お見舞いでも構いませんが、そうでなければ「退院祝い」が良いでしょう。なお、入院は繰り返したいものではないですから、水引は「結びきり」が良いとされています。

答え B

僕は快気祝いってのがよく聞くのでAかと思いましたが、快気祝いでは間違いなんですね。友達がいなくて、知人が入退院するという経験がないままこの歳まで生きてきたので知りませんでした。むしろ二回入院している僕は、退院となったとき、お世話になった人に快気祝いを送らなくてはいけなかったんですね。僕の場合は会社も辞めていたのでお世話になった人もいなかったのですが。

Q13 「連絡しなくてすみません」というニュアンスを伝えるなら、どの言葉を使う?

A お久しぶりです。

B ご無沙汰しております。

C 久方ぶりです。

「久しぶり」は、ある時点から長い年月が経ったことを示す言葉です。再開したときの挨拶の言葉としてよく使われます。「久方ぶり」は、「久しぶり」の少しあらたまった表現です。「ご無沙汰」は、長い間便りがないことを意味する「無沙汰」を丁寧にいう言葉であり、長らくかかわりがなかったことをお詫びする挨拶の言葉です。「長らくご無沙汰しております」などと使います。長い間連絡をしなかったお詫びを込めるなら「ご無沙汰しております」が良いでしょう。

答え B

僕はやっていないのでこういった経験はありませんが、Facebookのおかげで学生時代の友人や恩師と繋がる機会は増えているように思います。SNS上でそうした人と接触する際に間違った表現をしないよう注意したいものです。

Q18 お腹がいっぱいで、それ以上の食事をやんわり断りたいとき、どの言葉を使う?

A おなかいっぱいです。

B もう結構です。

C もう十分です。

「おなかいっぱいです」は少しスマートさに欠けます。

「結構です」は、先述したように、「それで満足」と「それ以上は不要」という両方の意味を持ち、拒否する場合にも使われます。したがって言い方には注意が必要でしょう。

「十分です」の「十分」は、何一つ不足がないという意味です。誤解を招かない表現としては「十分です」のほうがよいでしょう。

答え C

十分をさらに強めた言い方として、「十二分」という表現もあります。より強調したい場合などにはこちらを使ってみるのもよいでしょう。

Q42 どちらを使うのが正しい?

あまり馬鹿にされて〇〇

A 怒り心頭に発する。

B 怒り心頭に達する。

激しく怒ることを表す慣用句に「怒り心頭に発する」があります。「心頭」は心、「発する」は外に現れ出るということ。「怒りが心にとどめられなくなる」という状況をさしています。心頭を「頭」ととらえ、「怒りが頭のてっぺんにまで到達する」というニュアンスで「怒り心頭に達する」と表現するのは誤りです。

答え A

怒り心頭のみで使うことが多いような気がするが、正確には「怒り心頭に発する」が正しい使い方なのかと感心した。「心頭」は心、「発する」は外に現れ出るということを理解すればもう間違うことはないですね。

Q53 一番短い時間を指すのはどの言葉?

A しばらく

B 束の間

C 刹那

「しばらく」は少しの間ですが、「しばらくぶりです」などある程度の時間が経過したことを示すこともあります。漢字では「暫く」と書きます。「暫」は、「日」を「斬る」で切り取られた時間を示す漢字です。

「束の間」の「束」は、昔の長さの単位で、一束は手に握った時の指4本の長さを指しました。「束の間」は一束ほどの短い間ということで、ちょっとの間を指します。

「刹那」は、きわめて短い時間。仏教では時間の最小単位です。現在の単位に直すと0.013秒程度という説もありますから、本当に短い時間です。基本的には文章で使われることが多いです。

答え C

確かに刹那という言葉を話し言葉で使うことはない。大概文章での時間表現だ。時間の感覚を言葉で示す場合は用途を考えて使うとよいでしょう。

語彙力を上げるため、クイズ形式で出題される問題を解いていきましょう。割と短時間で読み終えることができると思います。ちょっとした遊びのつもりでカジュアルに取り組むのがいいと思います。読み終わるとちょっとパワーアップした気になれます。

 - Book , , , ,