Book

仕事が速い人が無意識にしている工夫|中谷 彰宏

仕事が速い人はどのようなことを意識して日常の仕事やタスクに向かっているのだろう。スピードが上がれば、仕事量も増える。見せかけだけの仕事をしているとリストラ対象になってしまいます。そうならないための「速い人」講座。

給料を2倍にしたければ、2倍速くする

今までは、給料を2倍にするために、2倍長く働いていました。働き方改革の時代は、2倍長く働いている人は会社のお荷物になって、リストラに遭うのです。大切なのは、2倍速く仕事をして、余った時間で付加価値のあるものをつくることです。付加価値とは、ほかの人がマネできないことです。ここにしかない、オンリーワンのものをつくるのです。 「生産性」と「付加価値」が混合して語られています。生産性と付加価値は別の議論です。生産性を上げるということは、 10 時間かかる仕事を5時間でするとか、 10 人でする仕事を5人ですることです。これは、あくまで手段です。仕事にムダな時間をかけていると、オンリーワンの付加価値をつける時間は生まれません。まずは、今、自分がしている仕事を2倍速くします。そして、あいた時間で未来への種をまきます。未来への種をまくのは、宝くじを買うのと同じです。宝くじを毎日買っている人は、常にワクワクしています。未来への不安はありません。今日の仕事に追われていると、宝くじを買うヒマがないのです。日々の仕事に追われていると、不安が生まれます。不安を解消する方法は、唯一、未来への種をまくことです。不安とは漠然としたものです。説明はできません。 「私はこれからどうなるんだろう」という漠然とした不安は、「このままリストラに遭ったらどうしよう」「老後のお金をどうしよう」「急に病気になったらどうしよう」といったことで、最終的にはお金の不安につながるのです。

2倍の仕事量をこなすにはスピードもそうですが、どんどん前倒しでタスクをこなす習慣を持つことだと僕は思っています。今日できることは今日中に。寝る前に明日やることを考えてから寝るのもタスク管理としては効果があります。明日やるべきことがわかっていると不安が軽減するという効果もあるようです。時間はどんなにできる人間でも1日24時間しかありません。あなたが休んでいる間にライバルは確実に仕事をこなして新たな仕事を得ています。どんな仕事でもスピード感を持ってあたる事が大事。能力の差はスピードで埋め合わせましょう。

決断とは、今決めることだ

仕事が遅い人は、決断とは「思い切って決めること」だと思い込んでいます。だから遅くなるのです。仕事が速い人にとっての決断の定義は、「今決めること」です。そこに「思い切って」も何もいらないのです。 「明日決断します」というのは、すでに言葉として矛盾しています。それは決断ではなく、遅いのです。 決断の数だけ、チャンスをつかみます。今決めることで、未来を開いていけるのです。ここで「今というのは、どれぐらいの速さですか」という質問が来ます。 「今」とは、0・1秒です。たとえば、会いたいと思っていた人から、ごはんに誘われます。ここで「ちょっと待ってください」と言って、手帳を見た時点でアウトです。相手から「スケジュールがあいていたら行くんだな。その程度だったら来なくていい」と思われるのです。大切なのは即答することです。 「行きます」と言ってから、入っていた予定を調整すればいいのです。 「あいていたら行く」という態度では、相手はうれしくありません。 「予定が入っていて行けなかったら困るから」というのは、自分を守っています。相手軸で考えていないのです。 「ぜひ行きたいです。スケジュールを確認させてください」と言うのは、言葉が矛盾しています。 「ぜひ行きたい」と言いながら、なぜスケジュールを確認するのかということです。仕事が速い人はスケジュールが入っていても「行きます」と言います。こんなチャンスは二度とないのです。相手は即答するかしないかで判断します。速い人の集団と遅い人の集団では発想が違うのです。

決断は一瞬で、何を決めるのも決断は一瞬で、その結果が悪かったとしても速い決断なら軌道修正も早めにできます。それで失敗したとしても、それはあなたの経験値が上がったと喜ぶべきです。速攻で失敗、フィードバックで改善です。

期限のない約束は、約束でない

約束で一番よくないのは、締切のない約束です。「そのうち、また会いましょう」は、最もチャンスを失います。本当に約束したいなら、「来週の○日」と、具体的に言うことです。「そのうち、また1杯行きましょう」は、逆に助かります。「そのうち」は永遠に来ないので、そういう人とはかかわり合わなくてすみます。自分が本当に約束したい時は、「来週の○日は、あいていますか」と、その場で期日を入れないと実現しない可能性があります。相手が「そのうち」と言ったら、「もうあなたとは会いたくない」と言っているのと同じです。 「○○さんが、『そのうち、ごはん一緒に行きましょう』と誘ってくれたんです。ところが、まだお忙しくて連絡がないんですよね」と考える人は、危機感が足りません。 仕事の速い人は、本当に会いたいと思ったら、その場で「○日はどうですか」と期日が入ります。

本当に興味がある人と出会ったなら、すぐに約束を取り付けましょう。今度ではなく「来週の○曜日」といった具合に具体的な日時を示しましょう。そうでないと、社交辞令で終わってしまい、約束は取り付けられないでしょう。興味があることを相手にきちんと伝えるには速攻で約束です。

今あなたの目の前の問題に取り組むにあたりスピードを意識してみましょう。同じ行動なら速い方がいいですよね。仕事が速い人が無意識にしている工夫が詰まった書籍。

created by Rinker
¥1,359 (2020/09/19 16:35:52時点 Amazon調べ-詳細)

-Book
-, , , ,

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5