51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

人類なら知っておきたい 地球の雑学て何?

      2018/12/13

~これは、「理系テーマ」を超えた「地球テーマ」の雑学である!~
思わず誰かに話したくなる「理系のウンチク」が満載!職場で家庭で、日々の「雑談」に役立つ、動植物・天体(太陽系)・人体・天気・元素・科学史など、「理系ジャンルネタ」が存分に楽しめる必読の一冊です!

地球が球体な理由

地球はもちろん、太陽や月などの天体は「 球形」をしている。それに対して、小惑星探査機「はやぶさ」が着陸したことで知られる「イトカワ」は、枝豆のような不規則な形をしている。この「イトカワ」だけでなく、火星や土星の衛星などにも、球形ではないものが数多くあるが、 これらの天体に共通しているのが「小さい」ということ である。そもそも天体は、宇宙空間にあるガスやチリなどの物質が寄り集まってできたと考えられている。そして、物質は集まることで重力を持ち、その中心に向かって引っ張ろうとする力も次第に強くなっていく。小さい天体の場合、物質自体の強度よりもその重力が小さいことから、もともとの形状を保ち続ける。ところが、物質がある大きさを超えた時点で、その状態に変化が起こる。物質の中心に向けてはたらく重力の大きさが、物質自体の強度を上まわるようになると、表面にあったでこぼこや不規則な形状などが、崩れたり押しつぶされたりする。その結果、天体の表面が、その中心からすべて等しい距離にある自然な形、つまり「球形」に落ち着くのだ。

天体が球体なわけなんてなんの疑問もなく受け入れていたが、こんな理由があったとは。確かに「イトカワ」をはじめとする小さな天体は形が球体ではない。重力ってすごい。

エベレストを上回る世界最高峰が南米に!?

世界一高い山は、ネパールと中国の国境にそびえる標高8848メートルのエベレスト。これは誰もが知っているはずだが、 世界最高峰はほかにもある という。山ができる過程には、火山の噴火によってできるものと、地面の 褶曲 によってできるものの二通りがある。エベレストは、5000万~4000万年前にインド亜大陸とユーラシア大陸がぶつかり、地面と海底が盛り上がってできたヒマラヤ山脈に位置する、褶曲によってできた山だ。だが「測り方」によっては、エベレストより高い山がある。その測り方とは、「地球の中心から山頂までの距離」を山の高さとする方法である。地球は完全な球体ではなく、 赤道部分がややふくらんだミカンのような形 をしている。そのため、赤道直下にある山ほど高いことになる。現在は、精度の高いGPSで地球の中心からの地心距離を正確に測れるようになっており、この測り方なら、最高峰は 南米エクアドルにあるチンボラソ山 ということになる。チンボラソの標高は標高6310メートルだが、地心距離は6385・5キロメートルで世界最長。これに対して緯度の高いところにあるエベレストは、世界で30番目くらいの山になってしまう。

言わずと知れた世界最高峰のエベレストも地球の中心からの距離で測るとなんと30番目ぐらいにランクダウンしてしまう。まあ想像がつく結果だが、そうなると聞いたこともない「チンボラソ」という山に軍配があがる。ふーん。

ナメクジに塩ではなく砂糖をかけるとどうなる?

ナメクジに塩をかけると縮んでしまうことはよく知られているが、甘い砂糖をかけるとどうなるのだろうか。まさか、塩と反対に大きくなるようなことはないだろうが……。そもそも、塩をかけるとナメクジが縮むのは、 浸透圧の作用 によるものである。生物の細胞は、細胞膜に包まれている。細胞膜は水などの小さい分子は通すが、それより大きな分子は通しにくい性質がある。そのため、両側に濃度が違う溶液が置かれると、 濃度の薄いほうから濃いほうへと水の分子が移動 して、同じ濃度に変化することになる。このとき、水を移動させる圧力が浸透圧である。ナメクジの体内には、ほかの生物に比べても多い約 85 パーセントの水分が含まれており、しかも体の表面が水を通しやすい構造をしている。そのため、 塩をかけられると細胞内の水分がどんどん外に出て塩のほうへと移動 して、そのぶん体が縮むのである。野菜に塩をかけてしばらく置いておくと、水分がしみ出てきて体積が減るが、これも浸透圧のはたらきによるもの。漬物はこれを利用している食品である。では、ナメクジに塩ではなく砂糖をかけたらどうなるのか。じつは、 砂糖をかけても、やはり縮んでしまう。これも浸透圧の作用で、ナメクジの体の表面に砂糖がつくと、体内の水分が細胞膜を通って砂糖のほうへ移動するので体は小さく縮んでいくのだ。

ナメクジに砂糖をかけると!?好奇心旺盛な子供時代を送った人なら誰でもナメクジに塩を振りかけてみたことがある人はいるだろう。さらに好奇心を刺激された人なら、砂糖をかけた経験がある人も少なくないのではないだろうか。結果は砂糖でも縮むというもの。

知らなくても困らない雑学。しかし知っていると豊かになること請け合いな知識が満載。地球上には不思議がいっぱい謎が転がっているので、雑学の数も星の数ほど。人類なら知っておきたい雑学があなたの好奇心を刺激します。

 - Book , , , , ,