51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

不安の片づけ|岡野 あつこ

      2019/09/06

低所得時代の今、多くの女性たちは「いかに生き残っていくか」という方法論を求めている。仕事、子育て、介護など、先が見えない「不安」の解消のしかたを、人生の酸いも甘いも経験した離婚カウンセラーである著者が、豊富なエピソードとともにアドバイス。

エネルギー充填期間

「こんなつまらない仕事ばかりしていたら、能力が発揮できない」 「自分にしかできないような、もっとクリエイティブな仕事がしたい」日々のルーティンワークに、こんな不安や不満を感じる人は少なくありません。そんなとき、ため息をついたり、焦ったりしてみても、不安は片づかないばかりか、ますます大きくふくらんでいきます。つまらない仕事の中から楽しさを見出せば、不安は解消できるのでしょうか。残念ながら、答えはノー。どんなに頑張ってみても楽しめない仕事は、やはりあるものです。そして、つまらない仕事をするのは誰でも嫌なのです。そこでみなさんにおすすめしたいのは、「つまらない」ものから脱却することではなく、つまらないものは「つまらない」ものとして受け止め、それに携わる間は自分のエネルギーの充電期間と考えることです。つまり、高く跳ぶためのエネルギーを十分に蓄える期間です。

好きなことをやって生きていくという生き方がもてはやされ始めているが、多くの人は好きなことでは食べていけない。「好き」のレベルがメーターを吹っ切っているような人しか支持されないのはが世の中だ。ならば日々の仕事は好きなものではなく、嫌いでないもの、苦痛でない仕事かどうかを考えてみる。すると案外、今の仕事もストレスなく行えているという場合も多くあるだろう。仕事にやりがいを感じられなくても焦って職を変えようとすると給料のレベルが下がったりする。そういう場合もあるのできちんとその辺を計算しながら転職を考えた方が良い。今の仕事も長く続けていればやりがいのあるポストに就ける可能性だってあるのでじっと我慢の充填期間と考えるのが良いだろう。

「メンターを見つけよう!」のデメリット

特に近年は「メンター(師匠)を持ちなさい」と自己啓発や成功哲学などの本やセミナーでもよくすすめられるようになってきていますので、ビジネスにおいても「師匠」と呼べる人を持つ人が増えてきています。しかし、「師匠」を持つのはビジネスにおいては難しい部分があります。スポーツの世界や学業の世界の場合は、後進に指導したとしても、自分のライバルになることはありません。スポーツ選手は比較的若い年齢で引退することがほとんどですし、指導した後進が育って活躍する頃には、指導した人間が引退している場合が多いのです。また、学業でも、既に合格した人にとっては、これから合格する人と受験競争をするわけではありません。その反面、ビジネスでは、教えてくれた人が自分のライバルになることもあります。特に、会社の明日を左右するような決定をしなくてはならない場合、師匠とはいえ、「ライバル」となる人が正しい答えをくれる保証はありませんし、逆に「大丈夫だろうか」と相談した側が不安になってしまい、決断できなくなる場合もあります。

自分の歩んできた道をや経験を他人に無償で提供してくれる人は意外と少ない。成功者の中には成功術を教えるバカ高いセミナーや情報商材で商売する人も。お金を払った人にだけノウハウを教える。その点書籍は1,000〜2,000円程度で体系的なノウハウが学べるのでハードルが低いような気がします。自分が気になるキーワードをAmazonで検索してヒットした検索結果の本を数冊買ってみる。5冊ぐらいそのジャンルの本を読めばその分野の知識はだいぶ深まることだろう。僕は訳の分からないセミナーに大金を投じるより、書籍を複数冊読むことをお勧めします。同じ書籍をなんども読むのもいいのですが、飽きてしまう可能性があるので、違う著者の本を読むことをお勧めします。

結婚相手に対する不安を払拭する技術

行列に並んでいると非常に疲れてイライラすることもあります。だからこそ、 行列に並ぶときの反応で、疲れたとき、辛いときにどう対処する人なのかという面が見える のです。私は普段は行列に並ぶことが好きではないのですが、かつて私に「見せてあげたいから」という理由で、ディズニーランドの 90 分待ちの行列に並んでくれる男性がいました。その並んでいる時間の前向きな過ごし方がステキで、私を大切に思ってくれていることが伝わってきて、感動的だったのです。彼女が見たい・食べたいといっても、「面倒くさい」という男性も多いかと思います。逆に、彼女が乗り気でないのに、一人で行列に並びたがる男性もいます。疲れたときにあなたを思いやる気持ちを持ってくれるかどうか、あなたの気持ちを尊重してくれるかどうか、彼氏がどんな態度を取るのかは、一緒に生活をしていくうえでは非常に重要なことです。辛いとき、苦しいときも、あなたのことを考えて一緒に歩んでくれそうな相手だったら、「結婚して大丈夫だろうか」と思う、あなたの不安は片づきます。

もし結婚を考えている人がいる場合、もしくは友達から恋人へということを考えている場合、その決定が是か否か迷うことがありますよね。そんな時有効なのが行列に並んでみること。そこでイライラせずに待ち時間を楽しく過ごせればとりあえずその人とはうまくいくのではないでしょうか。よくトラブルが起きた時の態度で判断するなんて人もいますが、トラブルはこちらの思い通りには起こってくれません。行列に並ぶという行為なら意図的に発生させることができます。

生きていると様々な不安に襲われます。その一つ一つを不安の片づけによって処理していきます。あなたの不安はもしかしたらちょっとした工夫で解消できるかも?

 - Book , , , ,