Book

まず「白米」をやめなさい!|溝口 徹

甘党ほど早く老いるという衝撃的な事実!糖尿病防止のためにも人工甘味料はとってはいけない。糖質の弊害を学び毎日の健康を取り戻すため、白米より玄米生活、ご飯よりチャーハンを!

体の生命線、副腎

糖質を多くとりすぎることで臓器が酷使され、疲弊し、正常な機能が果たせなくなっていく──。 これはインスリンを分泌するすい臓はもちろんのこと、もう一つ重要な臓器、副腎の疲れも見過ごせません。 インスリンによって下げられた血糖値を、ふたたび上げる複数のホルモンのうち、コルチゾールとアドレナリンは、副腎から分泌されます。 ただ、ここで知っておいていただきたいのは、本来、 副腎は体の免疫機能に関わる臓器でもある、ということです。つまり、 糖質過多の食生活によって副腎が疲弊し、機能不全に陥ることは、体の免疫機能に支障が出ることを意味する のです。 たとえば、コルチゾールは、炎症を抑えるなど免疫に関わるホルモン、アドレナリンは、血圧を上げたり心拍数を上げたりする作用があるホルモンです。これらは抗ストレスホルモンでもあり、ストレスを受けたときや、これからストレスを受けそうだ、というときにも分泌されます。 このように、「ここぞ!」という体の危機に働くホルモンを分泌するのが、副腎 なのです。ところが、 糖質過多の食生活を続けていると、本当なら働かなくていいときに、副腎を働かせることになります。

僕らは不摂生によって副腎を酷使しているのだそう。疲れ切った副腎は正常な機能を失いホルモンの分泌に異常をきたし体に変化が。糖質過多の食生活を直さないとこの傾向は治まりません。

なぜ、「糖質は必要ない」と言いきれるのか?

もちろん、脳も同様です。つまり、「脳は糖しかエネルギーにできない」というのも、もはや都市伝説級の大きな誤解 であることがわかるでしょう。 「頭を使ったら甘いもの」「疲れたら甘いもの」と、いう人は多いと思います。 しかし、甘いものを食べると一時的に血糖値が上がるため、疲れがとれたような気がするだけ、いってみれば、 脳に錯覚を起こさせているだけ です。 錯覚させて済めばいいかもしれませんが、 こんな習慣を続ければ、血糖値の急激な上昇と急激な下降が続き、やがて低血糖症や肥満、それにともなう生活習慣病など、さまざまなリスクは高まる一方 なのです。 このように、 糖がなくても、体はちゃんと動く。 また、 糖はエネルギー源になる反面、健康に大きな支障をもたらす危険がある。 やはり、「糖質は必要ない」し、できるだけ「とらないほうがいい」 のです。

僕の中では糖質を取らないと脳がうまく作用しないという理解だったが、それは間違っていると主張。本当かそれ!?と思ってしまったが、できるだけ糖質は摂らないほうがいいのだそう。

重要な示唆に富むアメリカの例

脂肪を減らすのに、もっとも効果的なのは、脂質より糖質を減らすことなのです。 糖質でも、脂質でも、とりすぎた分は皮下脂肪や内臓脂肪となって蓄えられます。 しかも、糖質とたんぱく質は1グラムあたり4キロカロリーであるのに対し、脂質1グラムは9キロカロリーと、倍以上。 この差だけを見れば、肥満の予防・改善のためには、一にも二にも脂質の摂取を減らすこと、と思われても仕方ありません。 現に、従来の栄養学に基づくダイエット指導はたいてい、脂質カットがメインです。 しかし、 糖質と脂質が、体のなかでどう作用するかを見れば、減らせるカロリーは半分以下になっても、脂質より糖質を減らしたほうが賢明 といえるのです。 このことを如実に物語っているのが、アメリカの実例です。 「肥満体国」ともいわれるアメリカでは、死亡の 13 パーセントが肥満に起因しているといわれていました。 国民の健康度を高めるために、肥満対策が焦眉の急とされていたのです。 そこでまず行なったのが、カロリーコントロールの指導でした。 先ほど述べたように、カロリーだけを考えれば、脂質をカットするのがもっとも効果的です。ご多分にもれず、アメリカでも「ローファット食品」「ノーファット食品」が推奨されました。 ところがその結果、肥満が減るどころか、肥満人口も糖尿病患者も、かえって増えてしまったのです。 これには、明らかな理由がありました。 脂質をとらない代わりに糖質の摂取が増え、結果、カロリーオーバーになっていた のです。 脂質は、少量でも満腹感を生みます。 その 脂質をカットしたために一向に満腹感が得られず、カットした脂質のカロリー以上の糖質をとってしまったのでしょう。

脂質を抑えるため糖質の摂取量が多くなると逆に太るということはなんとなくわかる。カットした脂質以上に糖質をとってしまえばそりゃ太る。カロリー計算のできない人の悲劇だ。

白米よりもチャーハンの方がいいとか意外な事実などを含む糖質制限の書籍。老化と万病を引き起こす恐れのある「糖質」は制限した方が良いでしょう。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

created by Rinker
¥1,320 (2020/09/23 12:09:30時点 Amazon調べ-詳細)

-Book
-, , , ,

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5