51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『「浮気」を「不倫」と呼ぶな』川村二郎,竹内久美子

      2018/11/20

川村二郎
日本型リベラルの正体とは……良く言えば現実離れをした空理空論を弄ぶ子供、悪く言えば無責任でいざとなると逃げ隠れする卑怯者。
タテマエは子供のもの、ホンネは大人の世界:何でもかんでも平等を求めるのが子供なら、文化遺産が権力者の遺物で、人間が平等なのは、法の前だけであることを知っているのが大人である。
竹内久美子
平等とは……モテない自分にも女を平等に分け与えよという意味、貧富の差がないとは、稼ぎのいい男が妬ましいから格差をなくせという意味。
長年にわたり学界に巣くい、腹立ち、呆れ、うんざりし続けている連中の正体:科学的事実の前に思想があり、思想のためなら捏造、改竄、隠蔽もいとわない、時には研究妨害をもする。

外見こそ中身を知る手がかり

竹内 本来、生物の体は、綺麗に左右対称になって発達すべきところが、主に病原体による弊害から微妙にずれてきてしまうんです。人間の左右の手首、肘、耳、足首などの幅を計測し、どれほど完全な左右対称に近いかを調べた研究群があるのですが、より完全な左右対称に近い男は、声やルックスが良く、スポーツもでき、ケンカが強いなど、男としての魅力をよく備えている。逆に言えば、病原体に強く、免疫力が高いかどうかをルックスや男性のパフォーマンスを通じて女はみているわけで、「あ、これはいい、素敵だ」と選ぶと、本当に中身も充実した男なんです。

川村 〝オス〟らしい〝オス〟というわけですね。

竹内 外見こそ中身を知る重要な手がかりだと思います。人は外見で中身を判断してはいけませんと言うのは、外見も中身も冴えない、モテない男たちのプロパガンダですよ。

確かに外見と中身が両方優れていたり、外見はそうでなくとも、人間的に素晴らしい人が、人は外見で中身を判断してはいけませんと言うのをあまり見たことはない。それに、ルックスや身長などはなかなか変えるのが難しいが、細身ですらっとした体型を保つために、ダイエットしたり、清潔感のある服装を心がけたりといった努力は誰にでもできる。なのでポテトチップスとコーラを片手にテレビをダラダラ見たり、外出時にだらしない格好のまま出かけたりしている人間の言う「人は外見で中身を判断してはいけません」には違和感を覚える。

女はジャニーズ系〝羽生結弦〟がお好き

竹内 私はそれは日本特有の傾向かと思っていたのですが、世界的な傾向のようです。オスが軟弱になったわけではありません。日本とイギリスで、コンピュータグラフィックスを使って人の顔を男性化させたり、女性化させたりした実験が行われました。すると日本でもイギリスでも、女性は、平均よりやや女性化した男の顔を一番好む傾向がわかりました。

川村 いわゆるジャニーズ系、羽生結弦タイプですね。

竹内 はい、ただ彼らは顔が女性っぽいだけで、内面も軟弱かというと決してそんなことはありません。本質は男性です。

女性がなぜ女性寄りの顔を好むのかは解明されていないのだそう。三代目みたいなオラオラ系だって一定の人気を保っているので、みんながみんなジャニーズ系が好きというわけではないだろうが。

テストステロンのレベルが低い

さて、ようやく本題に入るとする。共産主義、社会主義では何より「貧富の差がないこと」や「平等」が重要視される。どちらも反論の余地のない、「政治的に正しい」主張のように思われる。しかし、こういう思想に強く惹かれる男がいるとしたら、そこにはこんな理由が隠されているのではないだろうか。自分は稼ぎが多くない。稼ぎのいい男が女にモテるのはけしからん。自分は男としての魅力に欠け、女が寄り付かない。こういう自分んびも「平等」に女を分け与えよ!

資本主義国家ではやはり経済力のある人間の方がそうでない人に比べて有利になるのは仕方ない。「平等」の名の下ではモテない男もそれなりに評価される可能性もある。国別に男性を見てみると男性ホルモンの代表格であり、男の魅力を演出するテストステロンのレベルが日本人は一般的に低いのだそう。日本人の中でもテストステロンのレベルが比較的高い男は、男として魅力的で、浮気もしがちになるのだという。だからと言って浮気が良いとは言わないが。動物の世界では浮気は「ペア外交尾」と表現され、ペアでの交尾は区別される。動物は自分の遺伝子を残すため、メスが他のオスと交尾するのを避けるよう、夫婦になったら、ずっと一緒に行動します。オスは奥さんに悪い虫が寄ってこないようガッチリガードするのです。人間は釣った魚に餌をやらないではないが、哺乳類では珍しく、別行動を取ることが多い。浮気をされたくなかったら、奥さんに寄り添いしっかりガードするのがいいかと思います。

動物と人間ではちょっと事情が違うが、「浮気」を「不倫」と呼ぶことに対しての違和感を論じた書籍。結婚後もかなりの人が浮気するというデータもある。男だけではなく女性でも。ルックスが良くても、経済力があってもどちらにしても「浮気」する人はろくなもんじゃない。ダブル不倫カップルとかみるとパートナーがかわいそうだと感じる僕は甘いのだろうか。

 - Book , , , , ,