Book

「体を温める」と病気は必ず治る|石原 結實

薬を一切使わない健康法。体を温めることに着目し病気に真っ向勝負を挑む著者の挑戦。内臓を鍛えることで得られるメリットを知らない人は多いのではなかろうか?プチ断食、温めメニュー、塩・生姜入浴、簡単その場運動など体を温め健康を維持するメソッドがここに。

葛根湯医者

落語に「 葛根湯 医者」というのが出てくる。患者が「風邪をひいた」とやってくると「それなら葛根湯」、「下痢をした」と訴えても「はい、葛根湯」、「湿疹ができて大変だ」と訴えると「やっぱり葛根湯」と、葛根湯しか処方しない江戸時代の医者のことである。それでいて、ほとんどの病気を葛根湯で治すというのだから、葛根湯医者もバカにはできない。葛根湯は、 葛根( 葛 の根)、 麻黄、 生姜、 大棗、 芍薬、 桂枝、 甘草 など、体を温める成分から構成されており、葛根湯を服用後 20 分もすると体が温まり、汗がにじみ出てきて、肩こりや頭痛がとれて気分もよくなる。また、下痢や湿疹、ジンマシンなどにも著効を奏することがよくある。漢方の専門書にも、葛根湯が効く病名として、風邪、気管支炎、肺炎、 扁桃炎、結膜炎、涙のう炎、耳下腺炎、口内炎、乳腺炎、中耳炎、 蓄膿症、ハシカ、 水痘、頸部リンパ節炎、肩こり、五十肩、リウマチ、湿疹、ジンマシン、化膿性皮膚炎、高血圧、赤痢、夜尿症などが書いてある。 なぜ、それほどまでに葛根湯が効くのだろうか。 ポイントは「温める」 ということだ。

僕のうちにも葛根湯は常備してあるが、これがまた効かない。症状が重篤化してから薬を飲むのが常で、風邪のひき始めという感覚が僕にはない。気づいたら38℃の高熱ということが多い。その状態で葛根湯を飲んでも効かないのは当たり前か。飲んでも効かないと刷り込まれているからからか余計効きが悪いような気もする。

水分補給

ほとんどの医学者や栄養学者が、水分の多量摂取を強力に勧めている。「1日1ℓ以上飲め」とか、「夜間、トイレに行って排尿したら、その失われた水分くらいの量の水をとれ」とか、「入浴の前後やゴルフの前後にはしっかり水を飲め」などなどである。これも心の底から本当に飲みたい人はいいとしても、飲みたくない人に水分を強制するのは、漢方医学的にいうと相当な疑問が残る。次のような例を考えてみていただきたい。雨が降らなければ作物は育たないが、大雨が降って洪水が起きると作物は壊滅することもある。植木は水をやらなければ枯れるが、水をやり過ぎると根腐れする。体外の大気中に水分が多い(高湿度)と不快指数が上がり、心身ともに不調になる……。このように、生命にとっては大切な水も、多過ぎると害になることもあるのだ。「過ぎたるは及ばざるがごとし」とはよくいったものである。

僕は水分を取りすぎる傾向にあり、夜寝る前にもかなり水分を取る。結果寝てる間に尿意を感じトイレに何回も行くことに。毎日体重を計っているのですが、水分補給で1キロ増えたなんて頃はざらです。

サウナ

サウナ浴はサウナ室内が 90 ~110℃と高温のため、温熱刺激による血管拡張によって血液の循環がよくなる。そのため内臓や筋肉への栄養補給がスムーズにいき、腎臓への血流もよくなって排尿も増し、老廃物が排泄されて血液が浄化されるという効能がある。また、汗腺や皮脂腺からの汗や皮脂の分泌が盛んになるため、皮膚が浄化され、美肌の効果もある。さらに、甲状腺の働きがよくなるため、体全体の新陳代謝が活発になる。よって、冷えと水毒からくる筋肉痛や筋肉疲労、関節痛、自律神経失調症、アレルギー疾患、婦人病や胃腸病、初期の風邪にサウナ浴が奏効するわけだ。また、冷えも原因のひとつとなっているガンの予防にもなるはずである。ただし、サウナ浴をしている間は酸素の消費量も増加し、心拍量も 50 ~100%増加する。そのため、心臓や循環器系に負担をかけるので、高血圧や心臓病の人は特に慎重に、最初は短い時間から始める必要がある。 サウナ浴と水風呂や冷水シャワーを交互に行なうと、体表の血管が拡張と収縮をくり返して血液循環を助ける ことになり、心臓の負担を軽くするという一面もある。5~ 10 分のサウナ浴と 30 秒~1分の冷水浴を2~4回くり返すというのが一般のサウナの入り方であるが、心臓や循環器系に持病がある人は、サウナ浴を2~3分、冷水浴は全身でつからずに、ヘソより下に冷水をかける方法がいいだろう。

僕も一時期ダイエットのため、自宅の風呂をサウナ化して2時間ほど半身浴していた時期がある、『高温反復入浴法』というものだ。一応入浴後に無駄に水分をがぶ飲みしなければ身体中から汗が噴き出すのでダイエットにはなりますが、何しろ時間がかかるので最近はやっていません。

「体を温める」ことで病気を直す方法を伝授。薬を一切使わない方法なのでノーリスクです。最新の内臓強化法であなたの健康維持方法に一つこれを加えてみませんか?

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

-Book
-, , , ,

Copyright© 51Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.