吉田修一

Book

路|吉田 修一

ホテル前で渡された彼の電話番号、瞬間的に自分の連絡先も渡すとするが彼は「電話、待っている」と一言だけ残す。それはまるで「信じている」と言ってすかの如く。結局自分の連絡先は渡さなかった。商社マン、老人、 ...

Copyright© 51Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.