51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『思い描いた未来が現実になる ゴールドビジョン』久野和禎

      2019/04/07

脳の上手な使い方を学び、「いいゴール」を設定すれば、一生懸命がんばらなくても、ありとあらゆることが、自然に実現できるようになる――。ゴールドビジョンとは、NASA、コカ・コーラ、3M、オラクルなどで導入されたルー・タイス氏の手法と、認知科学の知見を融合させた世界最高峰の「目標実現メソッド」。

どうして目標を達成できない人が多いのか?

今までに、こんな経験はないでしょうか。 「稼ぎたい」と思うほど、稼げない。 「売りたい」と思うほど、売れない。 「やせたい」と思うほど、やせない。 「もてたい」と思うほど、もてない。他にもいろいろとあげられそうですが、なぜ「~したい」と強く思えば思うほど、そうできなくなってしまうのでしょうか。結論からいいますと、「~したい」と思っている人はたいてい「~していない世界の住人」だからです。たとえば、「稼ぎたい(あるいは、売りたい)」と思っている人はたいてい「稼いでいない(売れていない)世界の住人」で、それゆえに「稼げていない(売れていない)」状態になってしまっています。逆に、相対的に少数ですが稼げている(売れている)人はいて、彼らは「稼いでいる(売れている)世界の住人」です。ある人のパフォーマンスは、その人が「どのように願っているか」ではなくて「どの世界の住人」であるかによって決まってくるということなのです。それではなぜ「稼いでいない(売れていない)世界の住人」になってしまうのでしょうか。実は、これには脳の仕組みが関係しています。大きな前提として、脳は、その仕組み上、2つの世界を同時に認識して維持することができない、ということがあります。

稼ぎたいけど稼げない。多くの人の悩みだが、それを稼げない世界の住人だからといってしまえば、元も子もないような。では稼ぐ世界の住民になるにはどうしたら良いのかが知りたいわけです。

ゴールドビジョンで現状を超えて突き抜ける

「年収5000万円」「TOEIC950点」といった、現時点では一見するとありえないゴールを設定すると、現状の中でコツコツやっていては実現できませんから、脳が現状の外で考え始めるようになり、発想に大きな飛躍が生まれます。それにより、現状とは次元が違う発想、そして成果を生むことが可能になるのです。「次元が違う」と書きましたが、これはいわば雲の上に顔を出すようなイメージです。雲の上から地上を見れば、広く全体を見渡せるように、高いゴールをもてば、それまでの自分の現状がいかに狭かったか、また、いかに多くのことが盲点になっていて見えていなかったか、ということに気がつきます。その結果、物事の本質をとらえられるようになり、誰も気がつかなかった突破口を見出せるようになるのです。これを「イノベーション」といいます。「現状を超えて突き抜ける」とは、あなたが今、「常識」としてとらえている世界の天井(雲)を超えて、その上に立つこと。そして、その天井を踏み切り台にして、より高く跳び上がることを意味します。

長期的な目標は高い方がいいのだろうが、それを分割して達成可能な目標を臨機応変に作ることも大事だと思う。あまりに高い目標だと、そこに行き着くまで途方もない努力を要する場合もあり、自分がその目標に対して今、どのくらいの位置にいるかがわからなくなるからだ。壁を登って天井を破り上へ上へといくためにはハシゴやロープをうまく使う必要があってそれが短期的な目標だと僕は思う。

いいゴール、悪いゴール

「お金」「時間」「他人」の3つのモノサシを上手に作り直し、ゴールドビジョンを実現するために欠かせないのが、次にあげる3つの力です。

●未来を 視る力

●自分を信じる力

●人を巻き込み動かす力

ひとつ目の「未来を視る力」はイマジネーションとも呼ばれますが、ゴールドビジョンをもち、その世界に臨場感を感じる力です。

2つ目の「自分を信じる力」はコンフィデンス、つまり、「自分ならできる」と心から確信する力を指します。

そして最後の「人を巻き込み動かす力(インボルブメント)」は、ゴールの実現に向かって行動するために必要不可欠なものです。具体的には、信頼を得て応援される力であり、ゴールドビジョンに共鳴してもらう力のことです。 「未来を視る力」「自分を信じる力」「人を巻き込み動かす力」の3つの力があれば、ゴールドビジョンは必ず実現することができます。

目標を達成するためには人を巻き込むのも一つの手だ。最近ではSNSを利用することで、同じ目標を掲げる人たちと容易に繋がることができる。勉強垢なんていうのがその一つ。自分の状況をSNSで晒すことで、「いいね!」で承認を得ることもできるので、モチベーションの維持に有効だと思う。

ビジョンを持つことの重要性を説いた書籍。高い目標を持つことは大事だが、目標は達成してこそ意味のあるもの。まずは分解した短期的目標を一つずつクリアしていくことをお勧めします。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 - Book , , , , ,