51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『孤独に強くなる9つの習慣』植西 聰

      2019/01/26

7000人以上の老若男女を対象にある広告代理店が行なった調査によると、「孤独を感じる」と答えた人は約51パーセントと半数以上にのぼることが明らかになりました。“孤独"はもはや深刻な社会現象だといえます。
「誰も私のことを必要としてくれない」
「私の大変さを周囲がまったく理解してくれない」
「心から信頼できる友達、配偶者や恋人、親や上司、部下がいない」
「世の中から自分だけが取り残されていく感じがする」
そんな“孤独感"にさいなまれたとき、この本を開いてください。きっと、人には言えなかったつらさがいつの間にか消えていくでしょう。

心の中をプラスの感情で100%満たさなくてもいい。51%で勝ち越しを狙え

孤独を感じるのはどんなときでしょうか。他人との会話についていけない‥‥。一人だけ浮いてしまう‥‥。考え方や価値観がみんなと合わない‥‥。友達がほとんどいない‥‥。恋人がいない‥‥。クリスマスに一人きりで過ごしている‥‥。仕事の大変さを誰も理解してくれない‥‥。仕事で自分一人だけ取り残されていくような感じがする‥‥。自分の決断だけで会社を経営していかなければならない‥‥。このように、いろいろ挙げられると思います。しかし、それだと心は幸福感で満たされることはありません。心の状態はどんどんマイナスに傾いていき、心の中にマイナスの感情が増えるようになります。すると、「マイナスの感情が増えるとマイナスの現象が起きる」という心の法則によって、運まで悪くなってしまいます。そうならないように孤独に強くなるためには、心の状態をプラスに切り替えることでプラスの感情を増やしていく必要があります。だからといって、心の中を一〇〇パーセント、プラスの感情で満たす必要はありません。相撲の世界に例えると、八勝七敗と勝ち越せば番付が上がるように、プラスの感情を半分以上の五一パーセントにすることから始めればいいのです。

「マイナスの感情が増えるとマイナスの現象が起きる」というのはちょっと違うのかなと思います。ネガティブな思考は自分に起こる好ましくないことに対して敏感に反応してしまう。それがゆえにマイナスの現象を拾いやすくなるということだと思います。

一人だからこそ、お金が有意義に使える

一人でいるときに孤独を感じたら「一人だからこそ、お金が有意義に使える」と考え、そのお金を自分だけの楽しみに当ててみてはどうでしょう。

  • 読みたい本を買う。
  • スパへ行く。
  • スイーツを買う。
  • お気に入りのアーティストの音楽CDを買う。
  • 美術館や博物館に行く。

このように、他人と交わることなく、節度を守りながら、自分一人で自分の楽しめることだけにお金を使うようにするのです。そうすれば、孤独感がどんどん薄れ、楽しい気持ち・快適な気持ちでいっぱいになり、心の状態もマイナスからプラスへと切り替わるようになるでしょう。

自分一人でも楽しめることにお金を使うことでメンタルをプラス方向に補正するやり方は、独身の僕にはデフォルトでインストールされているようなもの。これがほぼ極まってくると、一人の楽チンさが心地よくなり、本当に孤独な生活を起こるようになります。僕が会話するのはかなりレアな出来事で、カフェでも美容院でも店員さんとの会話は最小限。最近では無口な人間だとみんな理解し始めたのか、誰も話しかけて来なくなりました。それも寂しいので一人を満喫するのはほどほどにしたほうがいいと思います。

51%の「やりたい感覚」を大切にする

行動するべきかどうか迷うようなら、行動することのメリット・デメリットをピックアップしてみることをおすすめします。たとえば、旅行に行きたくなったら、次のようにメリット・デメリットを思いつくまま書き出してみるのです。

<メリット>

  • 素晴らしい景色が観られる。
  • 郷土料理が食べられる。
  • 温泉にのんびり浸かることができる。

<デメリット>

  • お金がかかる。
  • 現地に行くまでが面倒くさい。

こうしてメリットのほうが少しでも多かったら、旅行に行ってみるのです。初めのうちはメリットが五一パーセントであったとしても、六〇パーセント、七〇パーセント、八〇パーセント‥‥と、次第に拡大していくようになります。それによって、孤独という灰色な人生は、喜びと幸せというバラ色の人生に塗り替えられるようになるでしょう。

旅行や趣味はお金がかかるものだが、それによって得られるものも多い。コンビニがそこら中にある世の中なので、コーヒーやスイーツなど生活の中心にコンビニがある人も多いことだろう。僕のようにおじさんになってくると面倒なことからついつい簡単な方へ流されるように。なのでちょっと一手間かかる趣味を持つことで日々の暮らしに彩りを。コーヒー豆を買ってきて、ミルで引いてコーヒープレスでお湯を注ぎ4分待つ。スタバで新作フラペチーノが出たら必ず試すなど日常の些細なことを楽しめるようになると無敵です。

孤独に強くなるための習慣が9つの章に渡って解説されています。あなたはいくつ実践できていますか?この書籍にあるような事例にいくつ当てはまるかであなたの孤独耐性がわかります。無理に孤独を深めるのではなく、孤独を感じたときのための処方箋と思って読み進めてみましょう。

 - Book , , , ,